okatai3のフォトブログ (テーマ別)

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

立山・黒部

<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>

1216-立山・黒部 (91/08)
c0179844_8451994.jpg
雷鳥荘へ  
1991年の夏休みに立山へ行きました。
富山から立山黒部アルペンルートをバスで室堂に到着。
雷鳥荘まではガスの中をおそるおそる歩きました。

1217-立山・黒部2 (91/08)
c0179844_848387.jpg
雷鳥荘
室堂バスターミナルから雷鳥荘への道すがら、雷鳥に出会いました。
自然に棲息する雷鳥に出会ったのは、これが最初で最後でした。
ガスの中から雷鳥荘が現れたときはさすがにホッとしました。今夜はここに宿泊です。

1218-立山・黒部3 (91/08)
c0179844_8494392.jpg
キャンプ場
真夏でも残雪があります。

1219-立山・黒部4 (91/08)
c0179844_851226.jpg
キャンプ場2

1220-立山・黒部5 (91/08)
c0179844_8525441.jpg
地獄谷
地獄谷は爆裂火口で、周囲約1.5kmの平坦な窪地に8個の大地獄、136個の小地獄があリます。
水蒸気が噴出し、硫化水素や二酸化硫黄の臭気が立ちこめ、地獄と呼ぶに相応しい風景です。
多くの地蔵石仏や石塔が散在しています。ここは古くからの立山信仰と結びついた修験者達の
修行の場所です。人々はこの光景に仏教でいう「地獄」を見たのです。

1221-立山・黒部6 (91/08)
c0179844_8541166.jpg
地獄谷2

1222-立山・黒部7 (91/08)
c0179844_8555888.jpg
地獄谷3 「さあ地獄谷へ」
観光客が雷鳥荘から地獄谷を目指していました。
この写真、「さあ地獄谷へ」 はこの年の「立山観光写真コンクール」に入選しました。

1223-立山・黒部8 (91/08)
c0179844_8583826.jpg
夕焼け
素晴らしい夕焼けに出会いました。

1224-立山・黒部9 (91/08)
c0179844_904070.jpg
夜明けの雲海
夜が明けると日本海から雲が押し寄せてきます。

1225-立山・黒部10 (91/08)
c0179844_915329.jpg
みくりが池
日が昇ると快晴となりました。

1225.2-立山・黒部
c0179844_941027.jpg
地獄谷遊歩道

1225.3-立山・黒部
c0179844_961475.jpg
地獄谷噴出

1225.4-立山・黒部
c0179844_981555.jpg
地獄谷から見る雷鳥荘

1226-立山・黒部11 (91/08)
c0179844_9112743.jpg
立山ロープウエイ
室堂からトロリーバスで立山トンネルを抜けると、大観峰。
大観峰からは立山ロープウエイで黒部平へ直行です。

1227-立山・黒部12 (91/08)
c0179844_914928.jpg
立山ロープウエイ2

1228-立山・黒部13 (91/08)
c0179844_9152910.jpg
黒部平から黒部ダム湖遠望

1229-立山・黒部14 (91/08)
c0179844_9191812.jpg
黒部ダム・虹
運良く 虹 に出会うことが出来ました。

1230-立山・黒部15 (91/08)
c0179844_9232476.jpg
黒部ダム2
黒部ダムへは二度目の訪問でした。
昔、大町ルート経由で来たことがありました。

1231-立山・黒部16 (95/08)
c0179844_924458.jpg
室堂平
1991年の「立山・黒部撮影行」は単独行動だったのですが、95年は娘のchinaを誘って出かけました。滅多に撮らない記念写真です。私58歳、娘27歳の貴重な一枚です。
室堂平は標高2450m。chinaはこんな高い山は初めてでした。今度は雷鳥荘ではなく、みくりが池温泉に泊まりました。みくりが池温泉は日本で一番高いところにある温泉宿だそうです。

1232-立山・黒部17 (95/08)
c0179844_9271028.jpg
地獄谷・噴出
硫化水素や2酸化硫黄の臭いが強烈です。通路以外は立ち入り禁止です。

1233-立山・黒部18 (95/08)
c0179844_9294252.jpg
日の出雲
娘のChinaは眠くて朝の撮影に付き合えませんでした。そのことを友達に話したら、「折角立山で朝を迎えたのに・・・」と随分笑われたそうです。

1234-立山・黒部19 (95/08)
c0179844_93133.jpg
みくりが池風景
一番立山らしい風景です。91年に泊まった雷鳥荘が見えています。

1235-立山・黒部20 (95/08)
c0179844_9354388.jpg
みくりが池温泉
今回泊まった温泉です。

1235.2-立山・黒部21 (95/08)
c0179844_9361565.jpg
みくりが池温泉
ウィキペディアに出ている みくりが池温泉 です。

1991・1995 黒部・立山撮影旅行はこれでおしまいです。
お付き合い有難うございました。

<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>
[PR]
by okatai3 | 2011-12-18 08:46

平湯

<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>

1236-平湯 (93/10)
c0179844_8185736.jpg
平湯
「平湯・上高地・安曇野」撮影旅行(1993年10月)の写真です。
「平湯」は岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にあります。ここへ来るのは10月10日「体育の日」の1週間ほど後が最高で、仲間達と時々やって来たものです。

1237-平湯2 (93/10)
c0179844_822247.jpg
平湯

1238-平湯3 (93/10)
c0179844_8233119.jpg
平湯

1239-平湯4 (93/10)
c0179844_8251294.jpg
平湯

1240-平湯5 (93/10)
c0179844_23451224.jpg
平湯大滝

1240・2-平湯6 (93/10)
c0179844_8283937.jpg
平湯大滝2

1240・3-平湯7 (93/10)
c0179844_8303894.jpg
平湯

<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>
[PR]
by okatai3 | 2011-12-18 08:19

安曇野

<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>

1261-安曇野 (93/10)
c0179844_7141028.jpg
曽根原家(国重文)
続いて1993年10月下旬の安曇野風景です。ひょっとすると今ではもう随分変わってしまっているのかもしれません。

1262-安曇野2 (93/10)
c0179844_745914.jpg
曽根原家(国重文)
曽根原家は中信地区特有の民家形式である「本棟造り」の一番古い遺構で、1973年(昭和48)6月に国重要文化財に指定されました。江戸時代、松本藩松川組新屋村の庄屋を代々務めた農家で、建築年代は1650年頃と推定されます。長野県で最も古い民家です。
詳細は ここ をクリック願います。

1263-安曇野3 (93/10)
c0179844_7521037.jpg
曽根原家(国重文)

1264-安曇野4 (93/10)
c0179844_7535784.jpg
曽根原家(国重文)

1265-安曇野5 (93/10)
c0179844_7552476.jpg
曽根原家(国重文)

1265・2-安曇野6 (93/10)
c0179844_758013.jpg
曽根原家(国重文)

1265・3-安曇野7 (93/10)
c0179844_7594823.jpg
曽根原家(国重文)

1266-安曇野8 (93/10)
c0179844_811142.jpg
有明山神社?
安曇野の田園にある鎮守の森です。懐かしい風景です。
神社の名が定かではありません。 「有明山神社」でいいのでしょうか?
どなたか教えていただけませんか?

1267-安曇野9 (93/10)
c0179844_825737.jpg
有明山神社?

1268-安曇野10 (93/10)
c0179844_842493.jpg
有明山神社?

1269-安曇野11 (93/10)
c0179844_853124.jpg
有明山神社?

1270-安曇野12 (93/10)
c0179844_863930.jpg
有明山神社?

1270.2-安曇野13 (93/10)
c0179844_88857.jpg
コスモス

1270.3-安曇野14 (93/10)
c0179844_894325.jpg
道祖神

<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>
[PR]
by okatai3 | 2011-12-18 07:15

上高地

<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>

1252-上高地2 (93/10)
c0179844_5443751.jpg
渦巻
田代池に行く木道の下に、木の葉の渦巻きを見つけました。

1253-上高地3 (93/10)
c0179844_5482014.jpg
田代池

1254-上高地4 (93/10)
c0179844_5534777.jpg
田代池

1255-上高地5 (93/10)
c0179844_5553928.jpg
田代池

1255.2-上高地6 (06/10/20)
c0179844_5573290.jpg
大正池
大正池と河童橋の写真が無いので、他の年を探しました。大正池は2006年の中に、河童橋は何処にも見つかりません。河童橋は撮っていないのです。変人!!!

1255.3-上高地7 (06/10/20)
c0179844_559416.jpg
大正池

1256-上高地8 (93/10)
c0179844_612756.jpg
梓川

1257-上高地9 (93/10)
c0179844_633250.jpg
梓川

1258-上高地10 (93/10)
c0179844_65340.jpg
カラマツ並木・黄葉

1259-上高地11 (93/10)
c0179844_67872.jpg
カラマツ並木・黄葉

c0179844_692358.jpg
1260-上高地12 (93/10)

<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>
[PR]
by okatai3 | 2011-12-18 06:10