okatai3のフォトブログ (テーマ別)

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

阿騎野・明石

<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>

536-阿騎野 (06/12/01)
c0179844_8462920.jpg
朝霧の立ち込める「阿騎野の冬景色」を撮ろうと、阿騎野(大宇陀)の本郷へ、夜明け前に駆けつけました。本郷は有名な 「又兵衛桜」 「44-又兵衛桜」 「45-又兵衛桜2」 のある集落です。けれど朝霧に出会えるかどうかは時の運です。

537-阿騎野2 (06/12/01)
c0179844_8471761.jpg
阿騎野は、今は大宇陀と呼ばれている場所の古い呼び名です。柿本人麻呂が 
 「ひむがしの 野にかぎろひの立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ」 
と詠んだところですが、「かぎろひ」の季節には少し早すぎます。この日は、日の出を見ただけて帰るという結果になりました。

538-阿騎野3 (06/12/01)
c0179844_8475533.jpg
朝日が昇ると金色の光の饗宴です。でも、見る間に短い夜明けのショーは終わりました。

539-阿騎野4 (06/12/11)
c0179844_8492834.jpg
10日後です。阿騎野の本郷を再び夜明け前に訪れました。
この日は運良く、薄かったとはいえ、朝霧に出遭うことが出来ました。日の出前です。小高い山々が浅い霧の海に浮かびます。

540-阿騎野5 (06/12/11)
c0179844_850540.jpg
日の出です。朝霧と陽光の饗宴です。

541-阿騎野6 (06/12/11)
c0179844_8504372.jpg
日が昇り始めると、霧の海はどんどん金色に変わって行きます。さながら、金箔の襖に描かれた墨絵です。
農家の庭先に三脚を立てさせてもらったのですが、その家の奥さんに、温かいコーヒーをご馳走になりました。大勢のカメラマン達がお世話になっているのでしょうね。それにしても、襖絵を眼の前にして温かいコーヒーですよ。ありがたくも不思議な気分となりました。

542-明石大橋 (06/12/06)
c0179844_8551056.jpg
日の出の阿騎野を撮りながら、日没の明石大橋を撮ろうと、夕日のきれいな日に、舞子の浜を訪れました。

543-明石大橋2 (06/12/06)
c0179844_8563113.jpg
「明石大橋」は現代科学技術の粋と世界に冠たる日本の経済力を結集して出来上がった大構築物です。

544-明石大橋3 (06/12/06)
c0179844_8573333.jpg
けれども、その大きさを写真で表現するのは至難の業です。

545-明石大橋4 (06/12/06)
c0179844_8582099.jpg
明石大橋はまた、「源氏物語」や「平家物語」の舞台ででもあります。阿騎野といい、明日香といい、明石といい、思えばわれわれは、歴史と現在が混然と溶け合う、不思議なところに住んでいるのですね。


<click & jump>==================================================================
項目を <クリック> すると <ジャンプ> できます。   黄龍・九寨溝・松藩  富士山    <okatai3のフォトブログ>      
==================================================================<click & jump>
[PR]
by okatai3 | 2009-03-16 08:58